肌にやさしい洗い方

ゴシゴシ洗いしていませんか?

身体を洗うとき、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすると肌の表面の角質層バリアが傷つけられてしまいます。このバリアは外界からの刺激物や病原菌が体に入らないように守ってくれるとても大事な存在です。そこに傷が付くと、さまざまな刺激が皮膚に侵入しやすくなり、かさつきやかゆみ、湿疹など肌トラブルの原因になります。

泡で洗うように心がけましょう

顔を洗うときのように、泡でやさしく包むように洗いましょう。泡の網目の中に汚れが吸い取られてゆきます。ホコリや雑菌、余分な皮脂や汗など、肌から洗い流したい汚れは泡だけで十分に落ちます。泡立てネットなどを利用すれば、少量の石鹸でも泡立ちます。
泡立てネットはこちら

石鹸はよく洗い流しましょう

体を洗った後は石鹸をよく流して肌に残さないようにしましょう。石鹸成分が肌に残っていると、かぶれやかゆみの原因となることがあります。合成界面活性剤を使用していない「石鹸」は、すすぎ落ちがよいとされています。繭石鹸は、すすぎ後もぬめり感が残りますが、それは石鹸成分ではなく、天然保湿成分であるセリシンが肌に残り、絹のベールで肌を包んでいるような状態です。

熱いお湯での入浴に要注意

熱いお湯での長時間の入浴は肌を健康に保つために必要な皮脂を落としすぎてしまいます。熱い湯船に浸かるのは気持ちよいですが、肌のためには38~40度のお湯にあまり長く浸からない方がよいでしょう。またお風呂上りは体についた水滴を柔らかいタオルでやさしく拭き取りましょう。

肌に関する疑問やお悩み、トラブルのある方は、お近くの皮膚科医や薬局にご相談ください。

TOP