よくある質問

Q1.この石鹸の特徴は?
この石鹸の特徴は3つあります。
1つめは、絹の原料である繭そのものを石鹸素材に使用しています。これによって保湿成分セリシンがたっぷりと入った石鹸になっています。この繭から抽出した成分を主成分とする液体石鹸を、独自の工法により生成しました。(特許申請済み)
2つめは、繭はすべて群馬県産の繭を使用しています。地場の伝統的な素材の新たな活用方法として注目されています。
3つめは、石鹸成分の全てに食品由来の成分を使用しています。すなわち、お肌に優しい石鹸だということです。
Q2.繭の成分が入るとどうなるの?
繭から抽出している成分は2種類のアミノ酸、フィブロインとセリシンです。この2つの中で、セリシンに含まれるセリンというアミノ酸が肌の天然保湿因子と似た組成になっているので、肌によいといわれています。実際に使用すると、風呂上がりの肌の感じがいつもよりさらさらとして気持ちいいという声をいただいています。
Q3.なぜ液体石鹸なのですか?
ボディーソープ(液体ソープ)をお使いになっている家庭が多いと思いますが、『石鹸』と勘違いしている方がほとんどではないでしょうか? 市販の液体ソープといわれているものは、合成界面活性剤を使用しています。合成界面活性剤を利用したくないと思っても、使い勝手の良さから普及した液体洗剤から、不自由さを伴う固形石鹸に替える方はほとんどいません。また液体石鹸と呼べる商品もほとんどありません。そこで、繭石鹸は液体石鹸にこだわりました。肌に良く、使い勝手も良い商品をこれからも提供してまいります。(商品ラベルの「MAYU SOAP」は「繭石鹸」の英語表記として使用し、SOAPは『石鹸』を意味しています)
Q4.どのような人に向いていますか?
特にこのような方だけという事はありませんが、肌が弱い方には喜ばれています。肌に優しい成分を配合している石鹸ですので、どなたでも安心してお使いいただけます。
Q5.合成界面活性剤は使用していますか?
繭石鹸は合成界面活性剤を使用していません。肌の弱い方にも安心してお使いいただけます。
Q6.泡立ちがあまり良くない気がします
合成界面活性剤や発泡剤を使用していないので泡立ちが足りないと感じる方もいるようですが、泡立てネットや市販の泡が立ちやすいスポンジなどをお使いいただければ、十分な泡立ちを得ることができます。
Q7.洗浄や除菌も出来ているのでしょうか?
繭石鹸は、製造工程で鹸化された石鹸ですので、通常の石鹸と同等の洗浄力は持っています。しかも肌に優しい成分を配合していますので、洗い上がりが非常にいいと評判です。
Q8.詰め替え用の商品はないですか?
現在、検討をしております。今しばらくお待ちください。

TOP